家を改修する男性達

住宅を維持するために

大きな家

雨漏りの修理を行う場合

新築の建物の場合は雨漏りは殆ど発生しないのですが、築年数が経ちますと建物の老朽化に伴って雨漏りが発生する場合が有ります。そのような場合は雨漏り修理を行う必要が有るのですが、雨漏り修理を行う前に何処から雨が漏れているのかを特定する事が必要となります。雨が漏れているのが屋根なのか外壁なのか、屋根であれば屋根のどの部分からなのか、外壁であれば外壁のどの部分から漏れているのかによって雨漏り修理方法も異なります。これらの雨漏りの場所を特定する事は一般の人では難しい場合も有りますので、自分では分からない場合は建設会社や工務店等の専門業者に相談・依頼すると良いです。雨漏りの場所が特定できますと、見積を徴収し、検討の上、雨漏り修理を依頼します。

雨漏り修理の方法について

雨漏り修理の方法は場所や部位によって異なります。 まず、鉄筋コンクリートで作られた外壁にクラックが生じて、そこから雨が漏れている場合です。わずかなクラックの場合は注入材を用いてクラックを埋める作業を行います。クラックが大きい場合はクラックを削る等の処置を行い整生してから充填材を充填する事となります。 外部に取り付けられた建具の周囲のコーキング材の劣化が原因の場合は劣化したコーキング材を一旦取り除き、新たにコーキング材を建具のまわりに充填します。この場合は建具の材質や建具と取り合う材料の材質によってコーキング材の種類が異なりますので注意が必要です。 屋根のシート防水が破れていて雨漏れしている場合は、破れた箇所を取り除いて新たに防水シートを設置します。 いずれの方法を行う場合でも確実に施工しなければなりません。